30代を前向きに生きよう!

30代男性の悩み

30代 男性 悩み

20代の頃にイメージした「30代の自分像」と「30代になった今の自分」は一致していますか。

この記事に辿り着いた人の多くは、程度の差はあれ「思い描いた30代とは違う」と感じていることでしょう。

30代という時期は、社会人ルーキーとして勢いと周囲のサポートで何でも乗り切ることができた20代とは違います。

仕事でもプライベートでも、それまでに得た知識や経験を駆使して自分で判断・解決しなければならなくなり、当然、20代の頃よりもたくさん悩みます。

それも、現在の仕事や転職のこと、結婚のこと、体のこと、子どものことなど人生に直結する重要な悩みばかりで、自分をごまかしてやりすごすことはできません。

かといって、悩みと直面して解決するには相当なエネルギーと時間が必要で、公私ともに忙しい30代という時期に全て解決することは容易ではありません。

そのため、悩みに押しつぶされないようにするには、30代男性が抱きやすい悩みの全体像を把握して、早期に解決すべき悩みと解決を後回しにする悩みを決めておくことが大切になります。

この記事では、30代男性が抱えやすい悩みについて解説します。

30代男性の悩み:仕事

30代男性の悩みの代表と言えば、仕事です。

転職

大学を卒業して就職した場合、30代には10年程度の就労経験を積み、仕事のやりがいや適性について自覚できているでしょう。

「仕事に適性があり、やりがいもあり、給与にも不満がない。職場環境も申し分ない」という場合には、大きく悩むことはありません。

しかし、「この仕事は自分に合っていない。」、「やりがいを感じない。」、「いくら頑張っても給料が思うように増えない。」と感じている場合、「この仕事を続けていて良いのだろうか。」という悩みに直面することになります。

また、仕事に適性ややりがいがあると感じていても、給与が安く生活がままならないと、やはり転職という選択肢が浮かぶでしょう。

特に、結婚して子どもがいる場合には、一家の大黒柱として家庭を支える責任を負うため、家族で安定した生活を送ることができる給与を得たいと思う気持ちが人一倍強くなるものです。

一方で、近年は「お金よりも時間が大事」、「自分の裁量で仕事がしたい」と考える男性が増えています。

いくら給料が高くても、長時間労働を強いられたり上意下達がまかり通ったりする職場環境を嫌い、「ワークライフバランスが維持できる仕事に就きたい。」と考える男性が増えているのです。

20代の頃は、仕事に不満を抱きつつ「とりあえず3年は続けてみよう」、「何とかなるだろう。」と思っていた人も、30代になると、「今の生活を続けるのは無理だ。」と考えて、真剣に転職を検討するようになります。

近年は、インターネットの普及によって働き方が多様化し、youtuberやブロガーなどネット上で収入を得る人も増えています。

「会社に就職して定年まで勤めあげる」という仕事の在り方は過去の物になりつつあり、そのことも「今の仕事を続けていて良いのか」という悩みにつながっています。

非正規雇用

日本は、労働者の3分の1以上が非正規社員(契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなど)という時代に突入しています。

国税庁が公表している「平成29年分民間給与実態統計調査結果」を見ると、1年を通して勤務した給与所得者の年間平均給与は、正規社員と非正規社員で大きな開きがあります。

  • 正規社員:494万円
  • 非正規社員:175万円

出典:平成29年分民間給与実態統計調査ー調査結果報告ー|平成30年9月国税庁長官官房企画課

また、厚生省が公表している「賃金構造基本統計調査」では、非正規社員の生涯賃金は正規社員の60%未満となっています。

正規社員と非正規社員の賃金格差は年齢が上がるにつれて大きくなるため、非正規社員の多くは、正社員を目指すとともに、より高待遇の職場へ転職することを希望しています。

しかし、30代になってから正社員の職を探し始めても、難関資格や専門知識や経験などがなければ採用される見込みは低く、非正規雇用から抜け出せないままになることもあります。

賃金構造基本統計調査

統計法に基づいて「賃金構造基本統計」の作成を目的として実施される統計調査

主要産業に雇用される労働者の賃金の実態について、雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数、経験年数別などで明らかにしている。

民間給与実態統計調査

統計法に基づいて「民間給与実態統計」という基幹統計を作成するために実施される調査

民間事業所における年間給与の実態が給与階級、事業所規模、企業規模などに分けて明らかにされ、租税収入の見積もり、租税負担の検討、税務行政運営などの資料となる

30代男性の悩み:お金

仕事と直結する悩みが、お金の悩みです。

20代の頃よりも趣味や身の回りの物などにお金をかけたくなりますが、結婚や子育てには相当な費用がかかりますし、老後の貯蓄も考えなくてはならないため、自分の好きに使える金銭は限られます。

給料の低さ

給与は会社、職種、業種、資格の有無などで大きく異なりますし、「労働時間が長く残業も常態化しているのに、給料は低くて残業代も出ない。」といういわゆるブラック企業も数多く存在します。

大学時代の友人と給料の話をしてみたら、「友人の方が労働時間が短いのに給料が高くて驚いた。」という経験がある人は多いでしょう。

昇進や昇格をすれば時間や金銭に余裕ができるという見込みがあれば、仕事へのモチベーションを維持しやすいでしょう。

しかし、努力が報われない職場では仕事に対するモチベーションは低下し、質の低い仕事をして実績が残せず給料も上がらないという悪循環に陥ります。

将来への不安

現在の家計が赤字またはギリギリ黒字で、今後も給料が上がる見込みがない場合、どうしても将来への不安が頭をよぎります。

結婚して結婚式を挙げる場合は約300万円の費用がかかりますし、子どもが生まれると年齢が上がるごとに養育費や教育費がかかるため、結婚や子どもを望む気持ちが薄れてしまうこともあります。

将来のために貯蓄や投資をしたくても余裕がなく、時間が経つにつれて将来に対する不安は増していきます。

30代男性の悩み:身体

30代になると、身体の変化に対する悩みも増えていきます。

疲れやすくなった、太りやすく痩せにくくなった、髪の毛が薄くなった、体臭や口臭がきつくなったなど身体の変化に悩まされ、ストレスでさらに症状を悪化させるという悪循環を起こしやすい傾向にあります。

また、20代の頃から抱えていた悩みが一段と深くなる人もいます。

疲れやすくなった

10代や20代の頃は、寝ればたいていの疲れは回復しますが、30代になるとそうはいきません。

一晩ぐっすり寝ても疲れが残り、疲れた状態で無理をして働くからさらに疲労が蓄積するという悪循環に陥りやすいものです。

30代の頃に目のかすみや目の奥の痛み、頭痛、首こり、肩こり、腰痛などが慢性化し、40代以降も症状に悩まされ続ける男性は少なくありません。

太りやすく痩せにくくなった

適度な運動を欠かさない健康的な生活を送っていたとしても、20代の頃と比べると代謝が落ち、太りやすく痩せにくい体質になるのが30代です。

適度に運動を継続していれば20代の体型を維持することができますが、少し気を抜くと一気に太り、元の体型に戻そうと運動を再開しても20代のようにはいきません。

しかし、体型の崩れは努力次第で改善する余地があります。

適度な運動とバランスの良い食事、規則正しい生活、適度なストレス発散などを心がけることで、徐々にですが年齢相応の体型を取り戻すことができるのです。

体臭がきつくなる

「男性の体臭」と言うと、加齢臭をイメージして「自分はまだ大丈夫」と思う30代男性は多いですが、実は30代でも強烈な体臭を発することがあります。

20代の頃はワキに汗をかくと汗臭がしますが、30代から40代にかけてはミドル脂臭という古いアブラのようなニオイが強くなるのです。

ミドル脂臭の原因は、皮膚常在菌(表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌)が汗中の乳酸を分解して作り出されるジアセチルという物質です。

ミドル脂臭は30代から40代の男性の後頭部や首に多く発生し、古いアブラのようなニオイを発します。

また、30代後半になると加齢臭も出始めるため、汗臭、ミドル脂臭、加齢臭という3つのニオイが負のハーモニーを醸し出し、周囲の人を悩ませるとともに男性自身も悩むことになります。

体臭は10代や20代の頃から悩み続けている人も多いですが、働き盛りで社会的地位も向上していく30代には、それまで以上に大きな悩みとなる傾向にあります。

どれだけ身だしなみを整えていても、体臭が強いと相手に不快感を与え、職場の上司や同僚、営業先の担当者など仕事上の付き合いに悪影響を及ぼしてしまう可能性が高いからです。

近年は「スメルハラスメント」という概念も登場し、自分のニオイに対する悩みを深める人が増えています。

しかし、30大男性のニオイを除去または緩和する方法はいくつも開発されており、その気になれば、ニオイの悩みを改善させることができるようになっています。

スメルハラスメント

ニオイによって周囲の人に不快感を与える嫌がらせ

体臭や口臭、足の臭いなど人体から発せられるニオイに加え、芳香剤や柔軟剤などによる嫌がらせも含まれる

髪の毛が薄くなった

30代になると薄毛が目立つ男性が増えていきます。

「父親も薄かったから仕方ない。」、「自然の摂理だ。」などと自分をごまかしていても、同世代でフサフサした男性を見かけると、嫉妬や羨望の感情が毛根から湧き出てくるものです。

確かに、薄毛の原因は遺伝によるところがあり、髪が抜けるのを完全に防ぐことはできません。

しかし近年は、整髪料や朝風呂など本人で抜け毛の原因を作っているケースもあり、ちょっとした生活習慣の改善で症状が改善することが多いものです。

また、薄毛を改善させる方法は数多く開発されており、少しの勇気と費用があれば髪の毛のコンプレックスを乗り越えられるようになっています。

鼻毛の問題

30代男性で毛の悩みと言えばもう一つ、鼻毛に関する悩みを抱える人が多いです。

この記事を読んでいるあなた、鼻毛、鼻の穴から顔を出して出ていませんか。

職場で誰かに話しかけたとき、相手が手で鼻を隠すようなしぐさを見せることはありませんか。

そのしぐさ、もしかしたら、あなたの鼻の穴から鼻毛が出ているのを見て、咄嗟に鼻の穴を隠したのかもしれません。

仕事で忙しい毎日を送り、身だしなみに十分な気を遣う余裕がなくなってくると、お顔のケアを怠ってしまう男性が少なくありません。

鏡を見たときに鼻毛が出ていればさすがに切るでしょうが、口角を上げたときにだけ見える程度の伸び方だと見逃しやすく、笑顔を見せたときに他人に鼻毛が見えるということになりがちです。

一度、鼻毛が鼻の穴から出ていることに気づくと、「誰も何も言わないが、今も鼻毛が出ているのではないか。」、「笑った時に鼻毛が出たらどうしよう。」という悩みを抱え、仕事や話に集中できなくなる人もいます。

鼻毛の悩みは、鼻毛脱毛または定期的な鼻毛処理によって解決することができますが、費用がかかりますしデメリットもあるため、慎重に判断してください。

鼻毛ケアについて詳しく知りたい人は、「男の鼻毛脱毛は危険?デメリット5つと安全に鼻毛脱毛する方法」を読んでみてください。

基本的な鼻毛ケアをすべて体験し、最終的に鼻毛脱毛で永久脱毛に成功した三十路男がデメリットと安全な鼻毛ケア方法について解説しています。

30代男性の悩み:結婚

30代になると、同僚や同年代の友人知人から結婚の報告を受ける機会が多くなります。

厚生労働省が公表している「平成30年(2018)人口動態統計」を見ると、男性の平均初婚年齢は31.1歳(女性は29.4歳)であり、統計上も30歳前後で結婚する男性が多いことがわかります。

しかし、「結婚する相手がいないし出会う機会もない」という男性は少なくありません。

「20代の頃のように気軽に女性に声をかけるのもはばかられる。」という声も聞こえてきます。

婚活サイトに登録したり、婚活パーティーに参加したりしても思うように相手が見つからない人もいます。

また、会社で中心メンバーとして活躍するようになり、「忙しくて恋愛をしている暇がない」という男性も、20代の頃と比べると増えます。

仕事にやりがいを感じて結婚よりも働くことを優先したり、独身貴族を謳歌したりした結果、気がつくと30代も終盤に差し掛かり、「このまま結婚できないのではないか。」という悩みを抱えるケースも珍しくありません。

人口動態統計

人口動態事象5つ(出生、死亡、婚姻、離婚、死産)の把握により、人口及び厚生労働行政施策の基礎資料を得る目的で作成される統計

30代男性の悩み:人生

仕事、お金、身体、結婚にも通じるところがありますが、30代になると自分の生き方そのものに悩む男性が多くなります。

日本では通常、10代の頃は親に保護された環境で勉強やスポーツに打ち込み、20代で初めて就職して自分自身の人生を歩き始めます。

そして、30代になると、社会人生活にも慣れて今後の生活に目を向ける余裕が生まれ、「これからどうしようか。」という漠然とした悩みを抱えることになります。

仕事やプライベートが充実していても、「充実はしているが、本当に自分らしい生き方ができているだろうか。」と思い悩みます。

仕事もプライベートも充実していなければ、「このままではダメだ。しかし、何をすれば良いのか分からない。」という悩みを抱えます。

悩むのは、30代の頃にはまだ目の前に可能性という名の道がいくつも伸びているからです。

自分で選択できる道が残されているからこそ、また、今後は選択できる道が少なくなっているからこそ、今の道を進み続けるべきか、別の道を選択すべきか迷うのです。

選択が正しいかどうかは選ぶ時点では分からないため、選ぶまでに時間がかかり、時には選ぶことのないまま現状を維持した結果、選ぶ前に選択肢が消滅することもあります。

まとめ

30代で悩むことは、生まれた時代や性別に関わりなく誰もが通る道です。

孔子は、論語の中で「30にして立つ(学問で自立できるようになった)」と述べていますが、同時に「40にして惑わず(色々な迷いがなくなった)」とも述べています。

つまり、学校の教科書に載るほど高名な孔子でさえ、30歳で自立したと自覚してから、色々な悩みがなくなったと自覚できるまでに、10年の歳月を要しているわけです。

誰だって30代は悩み、戸惑い、もがきながら自分の人生を選び取っていくのです。

あなたも、無理をしない範囲で目の前の悩みと一つひとつ向き合ってみましょう。

そして、解決できるところは解決し、持ち越すところは持ち越しながら過ごしてみてください。

そうすれば、悩みを抱えながらも心身の健康を保つことができ、徐々にではありますが自分の人生を肯定できるようになるはずです。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です