30代を前向きに生きよう!

30代女性の悩み

30代女性の悩み

あなたは20代の頃、自分の30代をどのようにイメージしていましたか。

実際に30代になってみて、20代の頃に思い描いた生活が送れていますか、それともイメージとは違っていますか。

この記事を読んでいる人の多くは、おそらく「イメージどおりのこともあるが、ズレているところも多い。」、「こんなはずじゃなかった。」と思っているでしょう。

30代は、社会人見習いの20代と比べると責任や負担が大きくなり、仕事のこと、お金のこと、体のこと、結婚や子育てのことなど、多くの「悩み」を抱える時期です。

明確なキャリアプランや人生設計を立てていても思うどおりにならないのが人生です。

30代を上手く乗り越えていくために悩みを解決することは大切ですが、公私ともに忙しい時期にすべての悩みを解決することはできません。

そのため、30代の頃に抱えやすい悩みについて知った上で、どの悩みを早期に解決し、どの悩みをしばらく抱えておくかという優先順位を付けることが重要になります。

この記事では、30代女性が抱えやすい悩みについて解説します。

30代女性の悩み:仕事

女性の社会進出が進むにつれて、男性と同じまたは似たキャリアを形成する女性が増えています。

その結果、仕事への不満や転職など、30代男性と同じ悩みを抱える女性が増加傾向にあります。

また、結婚後に仕事を継続するかどうか、妊娠や出産による休職・退職に伴うキャリアの中断など、女性特有の悩みを抱える人も少なくありません。

転職

30代になると、20代の頃よりも責任の重い仕事を任されるようになり、仕事への負担感やストレスが増します。

また、自分なりに仕事のやりがいや適性の有無が分かってくるものです。

仕事にやりがいを感じていれば、多少の不満があっても、前向きに取り組むことができるでしょう。

しかし、「この仕事は向いていない。」、「職場環境に馴染めない。」などと感じていると、仕事への意欲が湧かず、重い責任やストレスを負ってまで頑張ろうという気持ちになれません。

指示された仕事を指示通りにこなすうちに負担感やストレスが一層高くなり、仕事を続けることへのモチベーションが低下します。

そして、「今の仕事を続けていても良いのだろうか。」という転職願望が頭をもたげるようになります。

20代の頃なら、勢いで転職しても行動力、コミュニケーション能力、今後の伸びしろを評価されて採用されやすいものです。

しかし、年齢を経るにつれて、実績や能力が厳しく評価されるようになり、転職のハードルは高くなります。

そのため、「転職すると今より職場環境や待遇が悪くなるかもしれない。」という転職することへの不安と、「今を逃すと、転職できない。」という転職しないことへの不安を同時に抱えることになります。

非正規雇用から抜け出せない

現代日本では、労働者の3分の1以上が契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなどの非正規雇用です。

国税庁が実施している「平成29年分民間給与実態統計調査」結果では、1年を通して勤務した給与所得者の年間平均給与は正規社員が494万円なのに対して、非正規社員は175万円(男性229万円、女性151万円)と大きな開きがあります。

また、厚生労働省が実施している賃金構造基本統計調査では、非正規社員の生涯賃金は正規社員の60%未満という統計結果が示されています。

20代の頃はそれほど気にならなかったとしても、30代になると正規社員との賃金格差や待遇はさらに広がり、生活水準の差が目に見えて大きくなるため、不安や劣等感を抱えることになります。

夫婦共働きであっても、配偶者の収入が安定しない、離婚を考えている、子育てや親の介護や住宅ローンの心配があるなどの場合、安定した収入を求めて正社員を目指そうとする女性は多いものです。

しかし、仕事上の実績や就職に有利な資格などがないと、30代になってから新たに正社員を目指すのはハードルが高く、いつまでも非正規雇用から抜け出せない人も珍しくありません。

賃金構造基本統計調査

統計法に基づいて「賃金構造基本統計」の作成を目的として実施される統計調査

主要産業に雇用される労働者の賃金の実態について、雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数、経験年数別などで明らかにしている。

民間給与実態統計調査

統計法に基づいて「民間給与実態統計」という基幹統計を作成するために実施される調査

民間事業所における年間給与の実態が給与階級、事業所規模、企業規模などに分けて明らかにされ、租税収入の見積もり、租税負担の検討、税務行政運営などの資料となる

出産と休職

女性特有の問題として、出産によるキャリアの中断があります。

30代になると、知識と経験を得て職場内で重要な戦力として認められ、男女問わず昇進や昇格をする人が多くなります。

最近は、結婚してもバリバリ仕事を続け、20~30代で管理職に昇進する女性が増えていますが、出産となると一定期間は仕事を休まなければなりません。

最短でも、産後休業6週間は仕事を休む必要があります。

一般的には、母体の健康や出産後の子育てのことを考え、産前は産前休業の6週間、産後は産後休業と育児休業を合わせて6ヶ月から1年程度は休業する人が多くなっています。

しかし、家事や子育てのための休業期間を仕事のキャリアの中断と捉え、復帰後のキャリア形成に影響を及ぼすのではないかと心配する女性は少なからずいます。

そうした女性は、子供を産むかどうか悩み、産むにしても休業期間をできるだけ短くしようとする傾向にあり、また、それらを判断する過程で深い悩みを抱えます。

出産と退職

近年、子育て支援制度が充実し、子育て世代に優しい会社も増加傾向にあります。

しかし、産前産後休業や育児休業の取得を希望すると嫌がらせを受けたり、退職を勧められたりするケースが後を絶たず、プレッシャーに負けて退職してしまう女性が少なからずいるのが実情です。

また、家事・子育てと仕事の両立は、想像を絶するほどのハードワークです。

休業前は復職するつもりでいたが、家事と子育てに追われる毎日に疲弊し、復職できずに退職する女性も少なからずいるのが現実です。

男性の家事・子育て参加が推進されてもなお、家事育児は「女の仕事」と考える男性も多く、ワンオペ育児(家事)を余儀なくされている女性は多いものです。

産前産後休業

労働基準法第65条に基づいて、出産前6週間と出産後8週間の休業が認められる制度

  • 産前休業:女性が休業を求めた場合に認められる
  • 産後休業:女性が就業を求めても認められない(産後6週間を経過し、医師が就労に支障がないと認めた場合は就業可能)

再就職の難しさ

出産や子育てのために退職した後、子供を預けて再就職しようと思っても、再就職先が決まらないという現実が待っています。

大きな理由は、30代という年齢、子育て中であること、仕事のブランクです。

家庭の事情でいつ休むか分からず、知識や経験があっても仕事のブランクが長い30代よりも、家庭のしがらみがなく、伸びしろが大きい若い人を雇いたいというのが会社側の本音です。

士業資格があったり、休業前に他に類を見ない実績を残したりした場合はともかく、子育て中の30代女性が就職先を探すハードルは決して低くありません。

30代女性の悩み:お金

働いても思うように収入は増えませんが、20代の頃よりも洋服や化粧品、身の回りの物にお金をかけたくなるのが30代です。

また、結婚や妊娠・出産、子育て、親の介護、自分の老後に向けた準備などを始めるなど、20代よりも収入と支出・貯蓄のバランスを考えなければならず、お金の悩みが増えます。

年齢に比例して給与が上がらない

国税庁が実施している「平成29年分民間給与実態統計調査」結果では、1年を通して勤務した給与所得者の年間平均給与は432万円です。

しかし、男性が532万円、女性が287万円と男女格差が大きくなっています。

また、女性の年間平均給与を年齢別にみると、女性の平均給与が30歳前半をピークに下がり始めているのが分かります。

年齢層(歳) 女性(万円) 男性(万円)
19以下 155 111
20~24 279 243
25~29 393 318
30~34 461 315
35~39 517 313
40~44 569 308
45~49 630 310
50~54 677 302
55~59 669 298
60~64 508 232
65~69 393 203
70以上 353 208

出典:平成29年分民間給与実態統計調査ー調査結果報告ー|平成30年9月国税庁長官官房企画課

男性の給与が20代前半から50代前半まで上がり続けるのとは対照的に、女性の給与は年齢に比例するどころか年齢とともに減少しています。

また、男女間の給与格差も年齢と共に大きくなり、20代前半には36万円(279-243)だったものが、30代後半には204万円(517-313)まで広がっています。

女性の寿退社や出産・子育てに伴う退職などの影響もありますが、男性と比較すると、勤続年数と比例して給与が増えていくという期待は持ちにくいのです。

結婚や妊娠・出産に伴う費用

結婚式にかかる費用は約300万円と言われており、30代の年間平均給与とほぼ同額です。

親から支援を受ける人もいますが、夫婦の貯金を切り崩して結婚式費用を捻出することが多く、何かと物入りな時期に大きな出費となります。

妊娠や出産にかかる費用は高額だと思われがちですが、妊婦健康診査(妊婦健診)の公費助成や出産育児一時金42万円(一定の条件下では40万4000円)の支給があるため、自己負担はそれほど多くありません。

一方で、子供にかかる費用は、子供の年齢が上がるにつれて大きくなり、家計を圧迫する要因となります。

20代で出産した場合、30代の頃には子供が保育園や幼稚園に通い、小学校に入学することになるため、節目ごとに入園・入学準備のためにまとまったお金が必要になりますし、保育料など月々の出費もかさみます。

出産育児一時金

被保険者及びその被扶養者が出産したときに1児につき42万円が支給される健康保険給付

産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は40万4000円

30代女性の悩み:身体

「30代は働き盛りで、気力も体力も20代と同じかそれ以上に充実している。」というのは幻想で、体力の衰えを感じる女性がほとんどです。

婦人科系の悩み、肌トラブル、代謝の低下による太りやすく痩せやすい体質への変化などが顕著になるのも30代です。

また、ニオイの悩みを抱える女性も30代になると急増します。

疲れが取れない

20代の頃はぐっすり寝れば回復していた疲れが、30代になると長引いて蓄積しやすくなります。

目のかすみ、首こり、肩こり、腰痛などは、30代女性の大きな悩みとなっています。

また、少し身体を動かしただけで息切れする、夜更かしすると翌日は一日中しんどいなど、体力の低下や無理ができなくなったことを痛感する人も多くなっています。

生理不順や生理痛などの婦人科系の悩み、冷え性やめまいなどに悩まされることが多くなるのも30代です。

体力を取り戻すために運動しようと思っても、疲労を回復させるためにゆっくり休もうと思っても、仕事や家事育児に追われて時間が取れず、疲れだけが溜まる傾向にあります。

お肌の曲がり角

肌のケアを怠ると、あっという間に小じわやたるみ、シミやくすみなどの肌トラブルが発生するのが30代です。

多くの女性が、「20代の頃と比べると肌にハリやツヤがなくなった。」と感じています。

メイク時に鏡に映った自分の顔を見て、顔のたるみ、ほうれい線、シミやくすみにショックを受けたり、化粧ノリの悪さを痛感したりする経験は、誰もがしているものです。

また、20代の頃に購入したズボンが入らなくなる、二の腕のたるみが気になって半袖やノースリーブが着られなくなるなどの体型の変化も、多くの女性が直面する悩みです。

ニオイの曲がり角

体臭に変化が現れてくるのも30代からです。

汗に含まれる乳酸は、皮膚常在菌に分解されることにより、アブラ臭いニオイを発するジアセチルという物質に変化します。

30代になると、20代の頃に比べて皮脂が粘り気を帯びて落ちにくくなるため、皮脂に付着したジアセチルが皮脂に付着したまま身体に残り、古いアブラのような体臭がするようになります。

「ニオイの曲がり角は40代から」と思っている人は多いですが、大きな誤解です。

その他、口臭や足のニオイなどが気になりだすのも30代です。

30代女性の悩み:結婚

20代半ばを過ぎた頃から周囲の女性が一人また一人と結婚するようになり、30代に入るとピークを迎えます。

「仕事中心の生活が充実しているし、経済的にも安定している時期に結婚なんてしたくない。」と思っていても、職場の同期や後輩、仲の良い友人が結婚するのを見て焦りを感じる女性は少なくありません。

しかし、それなりに恋愛経験を積んでいると男性に求める水準が高くなり、妥協できないという意識も強くなります。

仕事にやりがいを感じていれば、結婚しても仕事を続けることに理解を示す男性という条件が加わり、さらにハードルが上がります。

一方で、20代の頃に比べると恋愛関係に発展するような男性との出会いが減り、また、男性から誘われる機会も減るため、「結婚したくても相手が見つからない。」状態に陥りやすくなります。

結婚を意識する相手がいたとしても、お互いに結婚しようと言い出せずにズルズルと関係を続け、「このままで良いのだろうか。」という悩みを抱えることも珍しくありません。

30代という時期は、相手がいてもいなくても、結婚について悩みを抱えるものなのです。

まとめ

あなたが抱く悩みと同じものはありましたか。

悩むことはしんどいことですが、新たな一歩を踏み出すために欠かせない過程でもあります。

ぜひ、自分の悩みに正面からじっくりと向き合ってみてください。

30代の悩みは全て乗り越えることができるわけではなく、一部はその後の人生に持ち越すことになります。

30代のうちに克服すべきところは克服し、折り合いをつけるところは折り合いをつけ、持ち越すところは持ち越すことに決めて、自分の悩みとうまく付き合えるようにすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です