30代を前向きに生きよう!

爪を噛む癖を直す方法は?大人用の爪噛み防止グッズは?

爪噛み防止

「爪を噛む癖がついて止めたくても止められない」、「噛んで短くなった爪を治したいが方法が分からない」という人は少なくありません。

爪を噛む癖は一度つくと止めるのが難しいと思われていますが、実は、ちょっとした工夫やグッズを使えば止められることがあります。

また、噛んで傷んだ爪を修復することもできます。

この記事では、爪噛みを止める方法と噛んで傷んだ爪を治す方法について解説します。

注意

爪噛みを止めるのも傷んだ爪を治すのも、強い意思と継続的な努力が必要です。

楽をする方法は書いていません(あれば私も教えてほしい)ので、「何としてでも爪噛みを止める」、「絶対に爪を治す」という気持ちがある人だけ読むようにしてください。

大人の爪噛みの影響

爪を噛む癖が一度つくと、大人になっても残ることが多いですが、大人になっても爪を噛み続けていると、社会生活の様々なところでマイナスな影響を受けてしまいます。

自制心が弱いと思われる

一般的に、爪を噛む行為は好ましくない行為とされており、他人にネガティブな印象を与えます。

そのため、「社会的に好ましくない行為と分かりながら爪を噛んでいる=自制心が弱い人物だ」という印象を周囲に与えてしまいます。

エチケットがなっていないと思われる

爪の手入れはエチケットーの一つです。

社会的地位が高い人ほど、性別や年齢に関わらず、定期的に爪を切りそろえたり磨いたりする手入れを欠かさないものです。

爪の先端が噛んでギザギザになったり、深爪になったりしていると、相手に「エチケットがなっていない」という印象を与えます。

不衛生だと思われる

手はたくさんの物に触れるため、爪には雑菌などがたくさん付着します。

その爪を噛むという行為は不衛生極まりなく、周囲にも不快感を与えます。

営業先などで他社の担当者と名刺交換や握手をすることがありますが、爪噛みの跡があると嫌がられてしまうことも珍しくありません。

表面上は名刺交換や握手に応じてくれたとしても、相手に不快さを与えてしまいます。

手は口ほどにものを言う

「目は口ほどに物を言う」ということわざがありますが、手も目や口と同じくらい相手に様々な情報を提供します。

私たちが誰かと会って話をするとき、顔の次に相手の手を見ていると言われています。

つまり、相手もあなたの手を見ており、爪噛みの跡もしっかり見られているのです。

社会生活を送る中で良好な人間関係を築くためには、身だしなみは大切な要素の一つです。

爪噛みの跡だけであなたの人となりが判断されるわけではありませんが、ネガティブな印象を与える一因になることは間違いありません。

爪を噛む癖を直す方法

では、爪を噛む癖を直すにはどうすれば良いでしょうか。

爪を噛む原因を探る

「今日から爪を噛むのを止める」と決意しても、ほぼ100%挫折します。

爪を噛む癖はタバコやアルコールなどの嗜癖に似たところがあり、一朝一夕で止められるものではありません。

爪噛みを止めるには、爪を噛む原因を探り、原因を取り除くために試行錯誤を重ねることが欠かせません。

爪噛みの原因は何らかのストレスなので、ストレス要因を和らげる方法やストレスをうまく飼いならす方法を見つけることで、爪を噛む必要がなくなっていきます。

爪噛みのデメリットを学習する

まず手始めに、爪噛みのデメリットを理解し、理性で爪噛みを止める努力をしてみましょう。

爪噛みの影響は既に解説しましたが、要約すると以下のとおりです。

  • 不衛生
  • 他人に不快感を与える
  • 他人にネガティブな印象を与える

社会生活に大きな影を落とすリスクがあるものばかりです。

どれだけ努力して人間関係を築き、仕事の実績を積んでも、爪を噛む癖一つで印象を悪くしてしまうリスクがあるのです。

爪を噛んだときにデメリットを思い出し、爪噛みを止めるという気持ちを確認することで、徐々にですが爪を噛む頻度を減らすことにつながります。

爪を短く切りそろえる

「爪噛みを止めたいと思っても、気がついたら爪を噛んでいる」という人は、噛む場所がなくなるくらい爪を切りそろえておく方法があります。

爪を噛む癖が染みついていると、わずかな爪でも噛もうと躍起になることもありますが、爪を噛む頻度は下がります。

爪噛み以外の行動を決める

爪を噛むのは、イライラする、暇を持て余す、不安や悩みを抱えるなどして何らかのストレスを感じたときです。

そこで、「ストレスを感じたときは〇〇をする」というルールを自分の中に決めておけば、爪噛みを予防することができます。

例えば、ガムを噛む、飴を舐める、腕を軽くつねる、大きく深呼吸するなどと決めて実践すると、徐々に「ストレスを感じる→〇〇をする」という条件付けができあがり、爪噛みの頻度が下がります。

マスクをつける

無意識のうちに爪を噛んでしまう場合は、マスクを着用する方法があります。

常にマスクをつけて生活していれば、無意識に爪を噛んだときに爪がマスクに当たり、「あ、今、爪を噛もうとした」と気づき、爪を噛むのを思いとどまることができます。

爪を隠す

どうしても爪を噛んでしまうなら、爪を隠す方法も検討しましょう。

例えば、手袋をはめたり絆創膏をしたりして、物理的に爪を噛めなくするのです。

さすがに手袋をしたまま仕事をしたり、全ての指に絆創膏を貼ったりするのは異様ですが、爪噛みをしやすい場面だけでも爪を隠すと、爪噛みをする頻度を下げることができます。

毎日爪の写真を撮る

爪噛みを止めると決めた日から、1日に1枚、爪の写真を取って保存する方法です。

日を追うごとに少しずつ爪が伸びて綺麗な指先に戻っていくのを見ると、「爪噛みを止めて良かった」と思うことができ、爪噛みを止めるモチベーションを維持することができます。

爪噛みの回数を記録する方法もありますが、人は視覚有意の生き物なので、写真で成果を確認する方が効果を発揮しやすいものです。

三十路男の場合

爪を噛む癖を直すと決めた日から、毎日1枚爪の写真を撮ってツイッターに投稿しました。

フォロアーの皆さんに見られているというプレッシャーと、たくさんの応援メッセージをいただいたことがモチベーションの維持につながりました。

爪を噛むのを止めると宣言する

家族や友人に「爪噛みを止める」宣言をして退路を断つのも、爪噛みを直すのに効果を発揮することがあります。

気づかずに爪を噛んだときに指摘してもらうこともできます。

大人の爪噛み防止グッズ

爪を噛む癖を直す方法には、爪噛み防止グッズを使用する方法もあります。

代表的なのは爪噛み防止用のマニキュアです。

使用者数が多く、爪を噛む癖を直すのに効果があったという声が多いのが、ビターネイルです。

 

実はこれ、子どもの爪噛みや指しゃぶりを止めさせるための商品なのですが、大人の爪噛みを抑制する効果もあり、爪噛みに悩む大人にも購入されています。

バラエティ番組の罰ゲームに使用される「センブリ茶エキス」や、ギネス認定の苦み成分「安息香酸デナトニウム」が配合されたマニキュアで、強烈な苦味によって大人の爪噛みも抑制する効果があります。

使い方は単純明快、爪に塗っておくだけです。

爪を噛むと強烈な苦みを感じるため、爪を噛むと苦い思いをすることを身体が覚え、爪を噛まなくなります。

心理学用語でいえば、「負の強化」です。

刺激臭がなく、乾燥すると無色透明になるため、塗ったまま外出することができますし、子供用だけあってお湯で簡単に洗い流すこともできます。

三十路男の場合

ビターネイル、使いました。

苦い思い出です。

最初の数日は、爪にマニキュアを塗ったのを忘れて爪を噛み、強烈なにがみに苦しめられました。

1週間もすると苦味のつらさを覚えたのか爪を噛む頻度が劇的に減り、1日に2~3回になりました。

その後も爪噛みの回数は減り続けて、最終的にはビターネイルを塗り始めてから2ヶ月と7日で爪を噛む癖が治りました。

実は、爪噛みを止めてから大きな挫折経験をし、短期間だけ爪噛みを再開してしまいましたが、改めてビターネイルを縫って止めました。

爪噛み防止 トップコート ビターネイル

まとめ

大人の爪噛みは、周囲に悪いイメージや不快感を与えるため、早いうちに直しておきたい癖です。

爪を噛む癖を直す方法はたくさんありますが、どの方法が向いているかは個人によって異なるため、いろいろと試してみてください。

もしも自力で直すのが難しいようなら、爪噛み防止グッズを使ってみるのも一つの方法です。

爪噛み防止 トップコート ビターネイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です