30代を前向きに生きよう!

鼻毛が白髪になる原因は?30代男性は白髪染めか脱毛で対策?

鼻毛 白髪

鼻毛に白髪が混じることがあります。

鼻毛の白髪と言えば高齢男性をイメージするかもしれませんが、20代や30代でも白い鼻毛が生える人は少なからずいます。

鼻毛が鼻の穴からはみ出すだけでも大きな悩みを抱えるのに、それが白髪となると、精神的なダメージは計り知れません。

「30代のうちに白髪、それも鼻毛なんて、何かの病気かもしれない。」、「早死にするのではないか。」などと不安を募らせる人もいるでしょう。

どうして若い頃から鼻毛が白くなることがあるのでしょうか。

この記事では、男性の鼻毛が白髪になる原因と対策について解説します。

白髪ってどんな状態?

私たちの髪の毛の色は、メラニンという色素によって与えられています。

メラニンを作る細胞(メラノサイト)が、毛母細胞という髪を生み出す細胞にメラニン色素を与えることで髪の毛に色がつくのです。

しかし、何らかの原因でメラニン色素が作られなくなると、髪の毛は色を失います。

髪の毛が色を失い、光を反射して白く光るようになった状態が白髪です。

白髪の種類

白髪は、メラノサイトの量によって休止型と欠乏型に分類されます。

休止型 メラノサイトが残っているのにメラニン色素の合成が行われていない
欠失型 メラノサイトが欠失または減少している

髪の毛にしても鼻毛にしても、白髪の多くは欠失型ですが、休止型も一定数見られます。

白髪になる過程

白髪になる過程は2通りあります。

突然白髪になる メラノサイトが急に死ぬまたは活動停止する
徐々に白くなる メラノサイトが加齢などで活力を失う

徐々に白くなる場合でも、最終的にはメラノサイトが全て死ぬまたは活動停止することもあります。

30代男性の鼻毛が白髪になる原因

男性の鼻毛が白髪になる主な原因は5つあります。

  • 加齢
  • 遺伝と環境
  • 血行不良
  • ストレス
  • 不適切な鼻毛ケア
  • 生活習慣の乱れ
  • 嗜癖など

遺伝は個人ではどうしようもない部分がありますが、その他は全て本人の日々の生活習慣や行動によるものであり、本人の意識次第で改善できることがあります。

鼻毛白髪の原因:加齢

若い人の毛髪にはメラニンがたくさんありますが、加齢に伴ってメラノサイトの活力がなくなり、メラニンも少なくなっていきます。

鼻毛の白髪も髪の毛と同じく、加齢が原因となることがあります。

しかし、30代の頃から加齢が原因で鼻毛が白くなるケースはごく稀です。

鼻毛白髪の原因:遺伝と環境

人種、年齢、住んでいる地域などに関わらず、白髪になりやすい人と白髪になりにくい人がおり、遺伝的な要因によるものと考えられています。

そして、髪の毛が白髪になりやすい家系に生まれた人は、鼻毛も白髪になりやすいと考えられています。

しかし、白髪に関与する遺伝子は特定されていません。

また、髪の毛にしても鼻毛にしても、白髪になりやすい家系生まれても白髪にならないこともあります。

そのため、白髪になりやすい遺伝子を持って生まれた人が、生活習慣や周囲の刺激などの環境要因の影響を受けて白髪になるというのが一般的な考え方です。

例えば、白髪になりやすい食生活や生活習慣が影響を与えているとされています。

鼻毛白髪の原因:血行不良

髪の毛や鼻毛などの体毛が成長したりメラノサイトを維持したりするには、栄養が必要です。

そして、体毛に栄養を運ぶ役割を果たすのは血液です。

血行が悪くなると栄養が十分に行き届かず、メラノサイトが減って白髪になります。

鼻毛白髪の原因:ストレス

ストレスが鼻毛の白髪の原因となることもあります。

継続的に強いストレスにさらされ続けると、副交感神経が活性化して血行が悪くなり、メラノサイトが毛根まで届かなくなります。

その結果、鼻毛のメラノサイトが減少して白くなります。

鼻毛白髪の原因:不適切な鼻毛ケア

鼻毛ケアの方法には「切る」方法と「抜く」方法があります。

切る ・鼻毛ハサミで切る

・鼻毛カッターで切る

抜く ・手で抜く

・毛抜きで抜く

・ブラジリアンワックス

・鼻毛脱毛サロン

・鼻毛脱毛クリニック

いずれの方法も鼻毛の毛根細胞を傷つけ、メラノサイトの機能を低下させるリスクがあります。

特に、手または毛抜きで抜くと、メラノサイトの機能低下を招いて白髪になりやすいと考えられています。

その他の方法でも鼻毛が白くなるリスクが0ではありません。

正しい鼻毛ケアの方法を覚えておかないと、鼻毛をケアしたせいで鼻毛白髪が増えるという結果になりかねません。

鼻毛白髪の原因:生活習慣の乱れ

昼夜逆転の生活習慣、不規則な生活、睡眠不足、偏食などは血行不良の原因となり、鼻毛が白くなる一因となることがあります。

鼻毛白髪の原因:嗜癖など

アルコール、タバコ、カフェインの過剰摂取、薬の副作用、代謝障害などが鼻毛白髪の原因になることもあります。

30代男性の鼻毛白髪対策

加齢による白髪は止めようがありませんが、すでに書いたように30代の頃から加齢で白髪になるケースは稀です。

鼻毛白髪の原因が遺伝であったとしても、環境の要因を受けていることが多いため、環境を改善すれば白髪が治ることがあります。

したがって、鼻毛白髪対策には、生活習慣や環境を整えることが大切と言えます。

まずは、「朝起きて夜寝る」、「6~8時間以上は寝る」という規則正しい生活を取り戻しましょう。

私たちの体は寝ている間に調子を整えたり成長したりしますが、いずれも生命維持に重要な部位が優先され、鼻毛などの体毛は後回しになります。

睡眠時間が短いと、メラノサイトが鼻毛まで十分に届かなくなり、白髪のままの状態が継続します。

また、偏食を続けて栄養バランスが悪いままだと、栄養が生命維持に重要な部位に回されて鼻毛まで十分に行き渡りません。

1日3食、栄養バランスのとれた食事をとることで、栄養が鼻毛まで行き届きやすくなります。

さらに、強いストレス状況で生活を続けると、血行不良によってメラノサイトが鼻毛まで届かない状態が継続し、鼻毛の色が元に戻りません。

現代社会でストレスをゼロにすることは困難ですが、こまめに息抜きをする、ストレス発散の方法を見つけるなど、ストレスを和らげる工夫を凝らす必要があります。

白い鼻毛は抜かずに切る

髪の毛でも鼻毛でも「白髪を見つけたら抜く」という人がいますが、効果がないどころか逆効果です。

鼻毛白髪を抜くと、毛根が傷ついてメラノサイトの機能がさらに低下してしまうからです。

鼻毛白髪を見つけて家庭で対処する場合、鼻毛ハサミや鼻毛カッターで「切らずに抜く」のが正解です。

「切る」鼻毛ケアも、やり方を間違えると鼻の中を傷つけたり、白い鼻毛の原因になったりするため、正しい方法を覚えておきましょう。

鼻毛脱毛で鼻毛の悩みを解消する

白い鼻毛に悩むのは、鼻の穴からはみ出すからです。

つまり、鼻毛が白くなって悩むのと、鼻の穴から鼻毛がはみ出して悩むのは同じことです。

したがって、脱毛によって鼻毛がはみ出す悩みを解消すれば、白い鼻毛の悩みも解消することができます。

しかし、手や毛抜きで抜く方法はリスクが高いのでNGです。

家庭で手軽に鼻毛を脱毛したいならブラジリアンワックスですが、正しい方法とコツを覚えて実践しないと、鼻の中を傷つけてしまうリスクがあります。

最も安全で確実な方法は、脱毛クリニックで鼻毛の永久脱毛施術を受けることです。

鼻毛を永久脱毛すれば、「白い鼻毛の悩み」と「鼻毛がはみ出す悩み」を同時に解消できて一石二鳥です。

当然、費用はかかります。

脱毛クリニックに通うことに抵抗を感じる男性もいるでしょう。

しかし、鼻毛白髪の悩みが深刻で、何としても解決したいと願うなら、鼻毛脱毛を選択肢の一つとして検討してみる価値はあるでしょう。

不安や疑問がある場合は、まずは無料カウンセリングだけを受け、納得してから改めて鼻毛脱毛する方法もあります。

メンズ永久脱毛

鼻毛の白髪染めはNG

「白い鼻毛は黒く染めればいい」と思う人もいるかもしれません。

しかし、毛髪用の白髪染めや白髪シャンプーで鼻毛を染めるのは、鼻の中を痛めるリスクが高いので控えてください。

私の友人に「美容サロンで鼻毛の白髪染めを頼んで断られた。」という人がいますが、リスクを考えると当然でしょう。

念のため、ネットやSNSで確認しましたが、美容サロンで鼻毛の白髪染めをしているところは見当たりませんでした。

まとめ

乱れた生活習慣や食生活、強いストレス環境などが原因で、30代の頃から鼻毛が白くなり、悩みを抱える人は一定数います。

鼻毛白髪の要因はたくさんありますが、いずれも解決方法があるので試してみてください。

鼻毛白髪の問題を根本的に解決したいと切実に願うなら、鼻毛脱毛クリニックで鼻毛の永久脱毛を受けるのも一つの方法です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です